Home >ICVS東京クリニックでの治療法

ICVS東京クリニックでの治療法

樹状細胞 メモリーT細胞 がん細胞 CTL

HITV療法とは、「ヒト由来治療型ワクチン」で体内から異物を排除しようとする免疫機構のうち、司令塔的役割の樹状細胞という免疫細胞を最大限に活用した治療法です。

その樹状細胞の機能というのは、異物を認識(学習)し、T細胞に伝えること。最終的に樹状細胞が学習した異物情報を持つ特異的なCTLという兵隊のリンパ球が体内に誘導されがん細胞を攻撃し排除します。

この樹状細胞を用いた治療は、樹状細胞にがんの異物性をどのように学習させるかが一番重要になります。樹状細胞が異物性の高いがん抗原を認知することができれば、それに応じた非常に攻撃力の強いCTL(兵隊のリンパ球)が体内に誘導されることになるのです。

現在、主流となっている樹状細胞療法は、手術により摘出した組織、または、ペプチドと呼ばれる人工抗原を用いますが、最も異物性が高いがん抗原は患者さまの体内にある生きたがん細胞そのものなのです。

そこでHITV療法は、樹状細胞に最も異物性の高いがん抗原を学習させるため、患者さまから採取した樹状細胞を患者さまの体内にあるがん腫瘍に直接投与することで、体内にて異物を学習させ、最も強力なCTL(兵隊のリンパ球)を誘導させることを目的としています。

HITV療法は、樹状細胞という免疫細胞を最大限に活用した治療法です

HITV療法は、樹状細胞を腫瘍内に直接投与することで抗原(異物)を学習させますので、手術をしたときの摘出組織がなければいけないとか、患者さまのがんタンパクがペプチド抗原と一致しなければいけないとかいう制限がありません。 つまり、固形腫瘍として体内にがんが存在すれば基本的に治療可能ということです。 また、HITV療法は放射線治療や化学療法をうまく組み合わせることを特徴としています。


一般的な樹状細胞療法との違い

画像診断

HITV療法は、基本的に手術適応のない再発がんやステージ4の進行がんを対象としています。

再発がんや進行がんは病巣が多発性の場合が多く、それはPET-CT等の画像診断で指摘される目に見える病巣のほかに、目に見えない微小転移が血液を通じ体中に広がっていることを意味します。そのような場合、治療の組み立て方として目に見える病巣の局所制御と共にまだ目に見えない微小転移も全身制御によって排除していかなければなりません。

HITV療法はまず樹状細胞の腫瘍内投与と放射線治療の併用にて病巣の局所制御を行います。放射線照射部位と同部位へ樹状細胞を投与することにより、腫瘍内のがん細胞が排除され、そこからCTL(兵隊のリンパ球)が作り出されるようになります。これを腫瘍のワクチン化と呼んでいます。このワクチン化が体内で行われれば、腫瘍そのものがCTL(兵隊のリンパ球)の製造工場に切り替えることができ、そこから常にCTL(兵隊のリンパ球)が誘導され全身をめぐり微小転移も同時に排除できるのです。

ただし、非常に大事なことですがHITV療法により体内に誘導されたCTL(兵隊のリンパ球)の攻撃能力にも限界があることも認識しておかなければなりません。CTLだけでは排除できなかった微小転移があった場合、時間経過と共に増殖し転移(目に見える病巣)として現れてくることになってしまいます。そこで新病巣出現の可能性をできるだけ減少させるため、全身制御の方法として化学療法を併用することをお勧めしています。

再発進行がんは目に見える腫瘍のほかに血液をめぐり全身に微小転移が広がっていることから治療が難しいのです。再発進行がんを克服するためには、つまり、新病巣が出てこない状態にするためには、考えられるさまざまな治療法の特徴を理解し、うまく活用していかなければならないと考えています。

その中でも、唯一学習機能を持つ樹状細胞を最大限利用し、体の免疫にがんの異物性を記憶させることが大切になってくるのです。


CTガイド下での腫瘍内への樹状細胞直接投与

治療室イメージ

HITV療法の特徴として、樹状細胞を腫瘍へ直接デリバリーする手法が挙げられます。CT画像をガイドに用い医師が穿刺し樹状細胞を腫瘍内へ投与するのです。

樹状細胞に抗原(異物)を学習させるためには正確に針先を腫瘍に到達させなければなりません。当院では数多くの治療経験を持つ医師のもと、リアルタイムで映し出されるCT画像をもとに体内に導入されている針先及び腫瘍位置を正確に把握しながら治療が進められます。

また、治療室の環境にも配慮し、クリーンルームと同様の特殊フィルターが設置され、清浄度が非常に高い環境下で安全に治療が実施されています。

ページトップへ