preHITVとは

がん発症予防・がん再発予防

 

免疫力の活性化によるがんの発症予防およびがん標準治療後の方の再発予防を期待して、患者様の血液から単球およびリンパ球を取り出し、単球から未成熟樹状細胞(imDC; immature Dendritic Cells)を培養し、リンパ球から活性化リンパ球(AT; Activated T Lymphocytes)を培養し、増殖・活性化させた後に、調整されたimDCATを患者様の体内に投与する治療法です。

 


がんの消失を目指すHITV療法

ICVS東京クリニックが目指しているのは、患者さまの救命です

その手段として、数ある免疫細胞のうち司令塔的役割を担う樹状細胞の性質を最大限に利用したHITV療法でがんの克服を目指します。

そのHITV療法のポイントとなるのは樹状細胞の腫瘍内投与です。この樹状細胞の腫瘍内投与の技術は国際特許を取得しており、また米国法人蓮見国際研究財団と米国メリーランド州立大学との提携において、樹状細胞の臨床活用に対する安全性と効果が確認され、臨床実績のある治療法です。


ICVS東京クリニックでの治療法


樹状細胞とは

2011年ノーベル医学・生理学賞を受賞されたラルフ・スタイマン博士により1973年にその役割が解明された樹状細胞。その名のとおり樹木のような突起を伸展させていることを形態的な特徴としています。

樹状細胞は血液に含まれる白血球の一部を構成し、血液にのって運ばれ体の中のあらゆる組織や器官に分布しています。例えば、表皮に存在している樹状細胞はランゲルハンス細胞と呼ばれ、傷口などから体内に進入してくる微生物など生体に害となるものを排除するために常に働いているのです。

これはがんにおいても同様で樹状細胞はがん細胞を生体にとって害となるものと認識し、T細胞に伝え排除しようと働きます。つまり、免疫機能の中でも、生体防衛機能にとって非常に重要な役割を果たしているのです。

 


ページトップへ